HOME»  ほあいと 屋久島体感ツアー

ほあいと 屋久島体感ツアー

【大麻とワイルドフラワーの夏色リース】屋久島の赤土と大麻でそめる


 

2016年9月22日~25日
3泊4日

 


縄文杉には行きません
 
屋久島に住んでいるからこそ案内できる

普通のツアーではない ほあいとだけの特別な

「ものづくり」+「世界遺産の大自然」=のワクワク・秘密の場所にご案内します。

日本古来の麻 大麻

屋久島といえば早朝から縄文杉を目指す
そんなイメージが強いのではないでしょうか?
ほあいとがご案内する「屋久島体感ツアー」は縄文杉には行きません。

なぜだと思いますか?

世界遺産屋久島は
鹿児島県大隅半島佐多岬の南南西約60kmの海上に位置し
約1500万年前に花崗岩が隆起してできた島です。

樹齢7000年とも言われる縄文杉・九州最高峰1936mの宮之浦岳など
太古からの命が受け継がれ
屋久島の赤土には大地のエネルギーが凝縮されています。

屋久島に移住して気づいたことが土が赤い!ということでした。
なぜか私は赤い土や岩にとても魅力を感じます。
それば赤い色が太古からの魂を呼び覚ましてくれる。
そんなふうに感じるからです。
屋久島の赤土と麻炭をあわせて染めると
大地に天を目指して高くまっすぐに育つ大麻のように
人間として土台を思い出させてくれます。

ほわいとは屋久島町の活性化
観光だけでない屋久島の魅力を発信しています。

ほあいと 屋久島体感ツアー

屋久島の山は冬に雪が積もり、里ではハイビスカスが咲いている。
そんな不思議な光景が見られるのは屋久島ならでは
周囲100キロほどの小さい島に日本がギュッと凝縮されています。
山も、海も、川も、森も、太陽も、月も、星も、
そこにあるすべての自然、島の暮らしが美しく感謝に溢れています。
早朝から長時間かけて縄文杉を見に行くだけじゃもったいない!!

屋久島に溢れるエネルギーを感じ
それぞれの暮らしに戻ったあとにも、少しでも
生きること、地球のことを考えるきっかけになればいいな
そう考え、このツアーを企画しました。

【大麻とワイルドフラワーの夏色リース】屋久島の赤土と大麻でそめる

ツアー日程

<日程>
2016年9月22日13時集合~9月25日(日)12時解散 3泊4日
<参加費>
大人65,000円(5月末まで早期割引60,000円)
3歳以上30,000円
未就園児20,000円(添い寝の場合15,000円)

<参加費に含まれるもの>
宿泊費、昼食×2、夕食×3、ツアー中のワークショップ代、ガイド代、車代、ガソリン代
(朝食、温泉入浴料、森へ入るための協力金、食事中の飲み物、その他それぞれの必要な買い物代は含まれません)

<集合場所>
屋久島空港集合・解散
(屋久島までの交通費は自己負担)

<予定している場所>
屋久神社正式参拝、クリスタル岬、大川の滝、千尋の滝、ヤクシギランド、永田浜、西部林道、ガジュマル、温泉など
天候や参加者の体調を見てその日、その時ベストな場所へご案内

<予定しているワーク>
直接山から流れる屋久島の湧水で屋久島赤土そめ体験、クリスタルボウル奏者なーやさんの屋久杉玉磨き、クリスタル岬で朝日を拝みながらの瞑想など

<店員>
6名

<スタッフ>
熱田 明日香(ほわいと):旅の案内、屋久島赤土そめ
布川 光・晴代(ポレポレ):島の素敵なスポット案内
なーや(カイホー屋):屋久杉玉磨き

スケジュール


屋久島体感ツアースケジュール(天候などを見て臨機応変に変更あり)


9月22日(木)

13時 屋久島空港集合
屋久神社正式参拝(舞や演奏など奉納も可能、ご相談下さい)

16時ヤクスギランド散策、温泉

19時30分 夕食(のらor BBQ)

22時 就寝(ポレポレ泊)


9月23日(金)

6時半 クリスタル岬(日の出、瞑想)朝食
午前 屋久島北部の神社、川めぐり

12時 昼食(水照玉)

13時半 なーやさんの屋久杉玉磨き

17時頃 永田浜に沈む夕日を見る

19時半 夕食(のら)

22時 就寝(ポレポレ泊)

9月24日(土)

6時半 クリスタル岬(日の出、瞑想)朝食、滝、ガジュマルめぐり

10時 屋久島赤土そめ体験(やまんこ公園)

12時半 島のお野菜弁当(LunaFleme)、西部林道、島一周

19時半 夕食(のら)

22時 就寝

9月25日(日)

6時半 日の出スポットへ、朝食、お土産屋さん、焼酎蔵元見学など

12時 空港解散

屋久島へのアクセス

航空券は早く取るほどお得です。気になる方はぜひお早めに!
 

1. 飛行機を利用
屋久島空港までは、鹿児島空港、伊丹空港、福岡空港からアクセス
羽田空港から鹿児島空港へはスカイマークとソラシドエア、成田空港からはジェットスターがお得です。

2.鹿児島から船を利用
鹿児島本港南埠頭 種子・屋久島高速船ターミナルから、屋久島。宮之浦港行き。
高速船ターミナルは鹿児島空港からバス約55分です。


航空会社、高速船などリンク:

・スカイマーク

・ソラシドエア

・ジェットスター

・ピーチ

・高速船 トッピー&ロケット(鹿児島←→屋久島)

・高速船のり場へアクセス



キャンセル料について

3週間前~4日前まで ・・・50%
3日前~当日まで ・・・100%

ほあいと Asuka

Asuka 熱田 明日香

Asuka
ほあいと 国産大麻編みもの雑貨 代表 大麻作家
1981年神戸生まれ
モッチョム岳で聞いた声と数奇なご縁に導か
2015年夏、10年越しの夢だった屋久島に家族で移住。
現在は大麻作家として、染物を中心とする作品作りやワークショップを通して活動中。
自然と調和した新しい生き方の実現を目指し、発信を続けている。
環境の負荷をかけない産業用大麻を使い、
素晴らしいエネルギーの詰まった屋久島の赤土や屋久杉とあわせ、
太古からの地球エネルギーを皆様に届けます。
3年後 2018年をめどに、産業用大麻栽培の免許をとり、
同じように考える仲間を広げて、
自分たちの栽培した大麻から繊維を採り、糸を積み、布を織り 屋久島の土で染め
服をつくる地域環境型のコミュニティーを目指します。

感謝こめて
ほわいと国産大麻 あみもの作家
Asuka 熱田 明日香

屋久島ゲストハウスPolePole 布川 光・晴代

カイホー屋 なーや

屋久島ゲストハウスPolePole

北海道札幌に生まれ岩見沢、旭川、札幌暮らし
12才から屋久島に来る27才まで東京暮らし

25才の時に自らのルーツを探る旅で日本最北端の島、礼文島を訪れました。
その時のあるシンクロニティー体験から、全ては繋がっている(ユニティ)ということを体感。まさに自分の中でいろいろなことが繋がり、また解放された瞬間でした。
屋久島に来ることが出来たきっかけの旅でもありました。
鎮守の森を歩きながら、神社にお参りすることと、山や森や海や空に向かって日頃の感謝の気持ちや愛を伝えることは、同じ意味があるのではないかと感じました。
「気持ちがいいから山に登る」から、今では「山にお邪魔させてもらう」というように意識の変化がありました。

カイホー屋
 
 



facebook twitter ameblo instagram youtube youtube